最初は仕事がない
とにかく行動あるのみ!

最初は仕事がない

フリーエンジニアになってすぐから仕事があると思われてはいけません。
正直に言ってしまうと、フリーエンジニアになりたては仕事がないです。

と言うのも、圧倒的に足りないものが沢山あるからです。
それは案件を必ず取ってくる営業力であったり、仕事を回してもらえる会社への信用であったりと様々です。
これらはフリーエンジニアを継続してやっていかなければ身につきませんし、信用は続けていかなければ絶対に勝ち取れない物になってきます。

そのため、なりたての時はそれなりの資金が必要になってきます。
生活するための資金です。

基本的に、最初からフリーエンジニアになるというのはオススメできることではありません。
それはどんな優れた技術があってもです。

理由は上記のとおり、最初は仕事がないからです。

基本的に安定してくるのは、フリーエンジニアになってから3年位してからです。
それまではじっくりと耐えて、小さな案件をこなして信用を勝ち取っていくしかないのです。

地道といえば地道ですが、それらの積み重ねが高所得を達成しているフリーエンジニアが乗り越えてきた道なのです。

逆に、そんな覚悟もないのであれば、続けていくことは不可能です。
何かを続けるというのは、かなりの努力が求められますが、継続したことは絶対に無駄にはなりません。

普通に会社員で働いたとしても、給料が上がるのは続けている人です。
なにごとも継続していかなければいけないといういい例になっているとは思いませんでしょうか。

仕事がない状態をぬけ出すためには、その時をじっと耐えて継続していくことが求められます。
営業力や信用は、続けていけば必ず身につくものですし、諦めずにどっしり構えて事をなさなければなりません。

武田信玄の「風林火山」の戦略性が求められているのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です